慢性疲労の主な原因は以下の通りです。 ・乱れた食生活 ・過度なストレス ・睡眠障害 ・体力低下 栄養バランスの悪い食生活を続けていると栄養不足に陥り、慢性疲労を引き起こす可能性があります。 仕事が忙しいからといってコンビニ弁当で済ませてしまうのは危険です。 また過度なダイエットも栄養不足になりやすいので注意しましょう。 ストレスを受け続けると体の様々な機能が正常に働かなくなり、慢性疲労を引き起こします。 職場での強いストレスが原因で発症する可能性が高いです。 睡眠障害で十分な睡眠時間や良質な睡眠を取ることができないと慢性疲労になりやすいといわれています。 睡眠は健康的な体を維持するのに非常に重要なことなので、慢性疲労を防ぐためにも睡眠の質や時間に気をつけた方がいいでしょう。 体力低下も慢性疲労を起こす原因のひとつです。 激しい運動や加齢などで体力が低下すると疲労感が抜けずにそれが慢性疲労に繋がってしまいます。 慢性疲労の主な原因はこのようなものなので、注意すれば防ぐことができます。